2011年10月25日

2011.10.9「病気でかえたこと」補足の注

1017hPa、曇、普通

2011.10.9の私のブログ「病気でかえたこと」↓を見て。
「人は裏切る」について少し説明の注です。

この言葉は、人に、裏切られたとしても、そんなもんやなと、現実を受け入れ、乗り越え、忘れ、なぐさめるための言葉です。
最悪の場合を想定しておくと、気が楽になりますから。
あと人間関係の難しさについての自戒の言葉です。

でも、言い方については、反省、失礼しました。
さっき見て、説明足らずに、自分でギョッ! としました。

自分のきつい顔を思いがけず見知って驚くのと同じようなことかもしれません。




posted by しち−らいおん at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

ここがホーム

1017hPa、晴れ。普通

11日に観た映画「猿の惑星:創世記ジェネシス」の中のセリフ。
進化チンパンジーのシーザーの育て親である人間のウィルが、森林公園の中で、シーザーと再会した時に、「一緒に家にかえろう。」という。
すると、人間の言葉でシーザーが、「ここがホーム」とウィルの耳元で囁き、たくさんの猿たちとともに生きていくことを選択するシーンで使われていた。

「ここが家だよ。」これは、幼児期、父からいわれた言葉。
父は、幼児期の私の今で言うイクメンさん(育児するお父さん)だった。
お前ぐらいの頃こうおもっていたよ、そう考えていたよ、と子供の私に合わせ、自分の幼児期子供の頃の話をよくしてくれた。
その父が「ここが家だよ。」と、自分に言い聞かせているみたいに。
ちょっと大きくなって、ストンとおさまったけれど。

映画で、おもいがけず、父のこの言葉を思い出し、泣いてしまった。

そして、今、震災だけでなく、原発事故で、見えない汚染がとまらない「ここ」に、辛くてどこか泣いてる。

posted by しち−らいおん at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

病気でかえたこと

1021hPa、晴れ、普通

二度のガンで入院していた時に、私のかかったガンになる人たちが持つ共通項みたいなのをふっと感じたことがあった。
おおざっぱな個人的感想に過ぎないけれど。

あまり自己主張せず、協調性があるというか、同調の我慢をし、外に吐き出せず、一人で抱え込むタイプが多かった。
特に、吐き出せない、と、一人で抱え込む、が目立った。

配偶者や恋人の浮気とかに悩んでいる人も結構いたし、破産に直面してる人もいた。
病気がきっかけで離婚、別離に、あるいは、逆にお互いのかけがえのなさがわかってベストパートーになったりとか、ふっきれ出直しとか。
いろんなことを闘病仲間たちから、教えてもらった。

二回同じような病気になると、自分の性格の一部を変えねば、またなるかもとおもう。
食生活とかの生活習慣はいわずもがな。
日常生活において、過剰な負荷でストレスになりそうな感情とかは、抑えたり我慢したりせず、無害な形で放出させる方法を、いろいろ試みたりもした。
例えば、ゴミ出し前の古新聞や古雑誌をおもいっきり破ったりとか。

更に、ストレスになりそうなことからは、人からどう思われようと、避けられるなら、避けるようになった。
少しぐらいのストレスは仕方のない一面もあるし、ストレスなしに生きていくことは出来ないにしても。
それに個人によってストレスの許容量や限界値は違うにしても。
避けることで、ワガママ、人付き合いが悪い、気難しい、礼儀知らず、大人気ない、と笑われたり、いわれたり、みなされたり、であっても。

子供の頃、よく病気をしたので、病気の問屋さんといわれた。
体力も要求される仕事を一人前以上し、ストレスフルが続いてた頃、一回目のガンになった。仕事やめようかな、とおもったりもしたけれど、退院して次の日から仕事してた。
仕事したほうが、気持ちが落ちついたから。

二度目のガンの後、抗癌剤は身体的に辛くて飲めなかった。
この時も、仕事やめようかな、とおもったけど、まだやめていない。
ただ、仕事の仕方は、ストレスゼロに近いのんびり方向にかえた。

人によってそれぞれのやり方があるとおもう。

若い女性から、病気しても、そんなに仕事って大事なんですか?って聞かれると、人は裏切るけれど、仕事は自分がするのいやでない限り裏切らないよ、っていってる。
ただし、小さくても独立している仕事、人に喜んでもらえる仕事、がいいとおもうな、って。

生と死の瀬戸際のシンプルさの前では、自己に対しての、ごまかしもうそも、当たり前のことだけど通用しないから。

posted by しち−らいおん at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

ミニシアター 国名小劇

1013hPa、曇り、ややだるい

大阪ミナミの日本橋に国名小劇という、客席が36席の小さなアート系の映画館があった。
たぶん日本一小さな映画館。
ここはオールナイトで上映していたけれど、営業期間は1988年位から2003年位で今は閉館。
ネットで調べたら、現在もほんのたまに、不定期上映。
ただし、上映内容の路線が変わったみたい。

大阪ミナミの庶民的な日本橋界隈だけれど、好きな場所が2つあって、そのひとつがここだった。

仕事を終え、夕食後少し休んで(たいてい一眠りしてから)、高速を法令順守範囲内で、車は近くの有料駐車場に停め、帰りも高速。
国名小劇は、地下鉄日本橋駅近くのビルの地下1Fにあって、チケットは自動販売機で購入。
満員のときもあった。

ダニエル・シュミット監督の「デ ジャ ヴュ」をここで数回観た。
スクリーンの大きさと、上映室の小ささがほどよかった。

家で観るより、映画館に出かけて観るほうが、今も大好きだから、閉館はとても残念だった。
採算とるのむづかしかったんだろうけれど。

あの小さな上映室で、また耽溺できる映画に出会えたらなぁ。
posted by しち−らいおん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

2011年秋の部屋替え

1016hPa、晴れ、普通

今年は例年より少し早く、9月23日から25日の連休中、家中での引越しをした。
本の整理も、それで、いつものようにしていて、まだちょっと続いている。
紛失したとおもっていたものが、また出てきたりもした。

今年の真夏時、熱中症症状が出なかったのは、ほっとしてうれしかった。

さわやかで、すごしやすい読書日和時。
ただし、台風の当たり年なのか、台風被害は、もうすでに結構出ていて、気がかり。
posted by しち−らいおん at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

スペンサー・サッサ監督の映画「メタルヘッド」を観た

1013hPa、晴れ、普通

映画のあらすじの紹介にかえて、ロードショウパンフに書いてあるのを引用。
「母の死から立ち直れない少年とその父、そして人生を見失った女。彼らの前に突然現れた謎の男ヘッシャーが、彼らを過激に再生させる・・・」
「傷ついたものたちをパワフルに癒すヘビィメタルのサウンドと、予測できないワイルドな行動の数々・・・、衝撃と感動に満ちた、愛と再生のハードロックな寓話。」
「全編に叩きつける伝説のヘヴィメタル・バンド “メタリカ”の名曲の数々!!」

ピエル・パオロ・パゾリーニの映画「テオレマ」での突然の来訪者のような「ヘッシャー」だが、しょぼい刺青をしている風来坊で、謎のまま。
ボロくて汚いトラックで運転する時にかけるヘヴィメタをヘヴィメタらしく爆音で鳴らすシーン。
運転の動きと音楽のリズム・メロディーと彼の手の動きが、一体化し、極めてセクシーかつエネルギシュ。
映画の中のセリフは、叫びそのもののように、むき出しだし。
しかしそれはうそがないだけに透明性に溢れ、それ故、人を癒す力を持ち、癒され、人は変わりうる。
このような荒っぽい対応でしか、悲しみと無力感に躓き凝り固まる気持ちを引きずり出せない、というのは、あることだろう。
上品に済まし、上から目線の偽善と甘ったるしく滑稽なナルシシズムに、つばを吐き、高らかな爆笑を投げ、蹴散らす。
躓き凝り固まる自己の気持ちを認めねば、人はまた歩き始められないだろうから。
パンクに彩られた細部の描写も含め、パンク映像としても、とても美しかった。

Twitterで、rooom0000さんtakashipom さんから教えてもらった次のブログ「平民新聞」2011-09-12(月)の「このストリートミュージシャンがすごい」の映像をどうぞ。→d.hatena.ne.jp/heimin/2011091 ご教示ありがとうございました。
posted by しち−らいおん at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

2011年夏の体温調節

1012hPa、晴れ、普通

今年の夏は例年お世話になる菓子用冷凍保冷剤(首筋を冷やすため)や、冷凍首巻き(なんかグロテスクな言葉)なしで過ごせた。
代わりに、含水の水の蒸発時、一部体温を下げるICE TOWELとかWATER COOL TOWELっていう商品名のタオルを愛用した。
今もまだ使っているから、愛用した、ではなく、愛用しているんだけれど。

ともに吸水性の表面ポリビニールアルコール樹脂で、芯材はポリエステルらしい。
水洗して軽く含水させ絞り、スカーフのように巻く。
水だから、首筋がいつもほどよく優しくひんやりとしている。
水分が体温で気化して少なく、乾燥し始めると、こわばり硬化してくるので、また水を含ませる。

このタオルに出会った時、新製品みたい、どんなもんかなの一枚目購入。
ここ数年、熱中症防止グッズのマニアだし。
毎日気持ちよく使っていて、くたびれてきたので、それから二枚買い求め、外出用にしてる。
結局三枚購入したけれど、普段使いと、外出用の二枚で過ごせた。
今まで役だってくれた冷凍庫内のたくさんの小型保冷剤や、首巻きは、あんがとね処分ができ、冷凍庫内がすっきりした。

熱中症で二度入院したのは、ともに真夏の真っ盛りの時だったけれど。
最近、熱中症になるというか、そういう状態になるのは、真夏というより、季節の変わり目、睡眠不足やなんやかんやのこととかで、体温調節がうまく切り替わらない時みたい。
11月頃でも熱中症になるうるので、しばし引き続き愛用。

posted by しち−らいおん at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

この頃はまっているiPadとかとアプリ

1001hPa、時々風雨、台風が近づいているからか、だるい

ネットを始めたのは、Apple社にスティーブ・ジョブス氏が復帰し、出たスケルトン仕様のiMacからだった。
途中、WindowsのPCも使い始めたけれど。
バソコン機器は、古いのと少し新しいのが混在してて、もっとすっきりとしたい、とおもいつつ、今はMacのLeopardが主になりつつある。
Leopardは購入した当時忙しくてほとんど、ほったらかしていたし、今も充分使いこなせているとはおもっていない。
それにしても、iPod類, iPhone4, iPad2と一連のシリーズは、特にiPadにはまってて、とても楽しい。
それと今頃、というか、やっと、というか、どこでも10台分の無線環境にすぐできるポケットウルトラwifiにしたので快適。
iPhoneの無料アプリ007zStatusでの、wifiのスイッチの切り替えも評判どおり使い勝手がいいし。


この間、保育園で園児たちの歯磨き光景を一眼レフで録画した。
そのあと、パワーポイントに録画の埋込みと保存を、ジョブス氏が作らせたといわれるプレゼンアプリKeynoteでした。


iPhone, iPadには、Evernote, Dropbox, Pages、等情報処理に関する優れたアプリが多々あって、とても使いやすいし、便利。
仕事上の歯や口の健康についての話用スライド以外、プレゼンとは、縁のない身だけれど、Keynoteも使い勝手のいいアプリの一つと実感した。
情報入手後の作成や保存、提示に、お金も時間もたいしてかからないようになってるなぁ、と。

posted by しち−らいおん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

スピード狂?

1011hPa、豪雨のち曇り、だるい

仕事が終わった夜八時以降、大阪市内で夜九時半ごろから始まる会議に車で通っていた時期があった。
一つは業界新聞づくりと、もう一つは地域医療部会で。
帰りはたいてい夜中だった。
行き帰りは、高速道路。

会議が終わったある日、楽しみつつ早く帰りたいなぁ、の一心で、他の先生方に、「カーチェイスごっこをして帰りませんか?」と持ちかけた。
「いいねぇ〜。」ということで、三台か四台の車で高速道でレースごっこをした。
とっても楽しかった。
次の会議の帰り時、また、「今日もカーチェイスごっこして帰りましょうよ。」というと「まだ死にたくない。」といって皆から断られた。

仕方ないので、帰りの高速を走る中で、あれっ、とおもう相手を見つけては、ちょっと追っかけっこをしたり、分岐点でのお別れの時、互いにエール交換、笑顔でバイバイ。
ほとんど若者たちだった。
こっちがおばさんなので、びっくりされたり、も楽しかった。
今は全くしない。
でも、ドイツのアウトバーンは一度走りたいな。

もともと車の運転は避けていて、タクシー会社と月極契約しょうかと、タクシー会社から説明も受けたぐらいだった。
両親は仕事で車の運転手を雇っていたし。
車の維持費とかと、タクシー会社への月極支払いとたいしてかわらないようにもおもったし、事故になったらの意識があったから安全料かな、と。
でも、自分で高速走行の運転をしてからは、やってみんとわからんことがあるもんやなぁ、と学習した。
それから、苦手意識とかに凝り固まると、少しだけ、どうかな?になった。

posted by しち−らいおん at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

盲導犬

1005hPa、晴れ、たぶん普通

動物は大好きだし、時々、ネコやワンを紹介するブログやカバ、ライオン、トラ、クマとかのYou Tubeとかを見ては、ほっとしている。
去年映画にもなったワンのきな子ちゃん。
警察犬テストに4回落ち、今年合格した。
ズッコケ見習い犬「きな子の風景」のブログはこちら→http://ameblo.jp/kinako-dog/  
 
クイールという使役犬である盲導犬の話が数年前、映画になった。
それよりも数年前、盲導犬のTVドキュメンタリーを見たことがあった。
名前は忘れてしまったけれど。

警察犬も盲導犬も、それぞれ訓練学校で訓練に励む。
盲導犬の場合も、ゴールデン・レットリバーやラブラドール・レットリバーとかだったら、いいわけでもなく、それなりに資質が要求されるというか。
で、資質のある、元気で利発でかわいいワンちゃんが盲導犬の訓練学校に入学した。
訓練中、そのワンが訓練校を家出してしまった。
訓練中のワンが家出するのは、決して珍しいことでもないようだった。
1,2ヶ月野良生活していたのだろう、よれよれに痩せ汚れて、訓練校にワンが戻ってきた。
家出して戻ってこないワンもいるらしいけれど、戻ってくると、たいてい優秀な盲導犬になる、といっていた。
それからは、わき目もふらず、訓練に集中、一人前というか、一犬前の盲導犬となり、厳しい仕事を勤め上げ、退職しているところまでのドキュメンタリー映像だった。
 
自分をある種の型にはめ、その方向で、鍛えることへの迷いは、人間だけではなく、ワンにもあるんだと、身をつまされた記憶がある。
人のお役に立つ他の哺乳類にも、迷いはあるのかもとそれからおもうようになった。
posted by しち−らいおん at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする