2012年03月25日

メンズハウス型シェアハウス

1016hPa、曇、普通

いろんなメンズハウスがあるんだろうけれど。
私のいうメンズハウスは、ポリネシア島でのもので、十数年前の話。

十数年前実家にいた頃、NHKのTV番組でポリネシア特集のドキュメンタリーがあった。
そのアメリカ領ポリネシアは母系制で、母から娘に家・畑とかの資産財産とかが移譲される。現在は知らないのだけれど。
ドキュメンタリーでは、家は、細い四本〜八本位の柱の間を、風が吹くとムシロ壁がひらひら、簡単な板屋根だったとおもう。
なんとなくアフリカ中央部の国々でのシンプルな家に似ていた(スワヒリ語の授業で、別荘の写真を見たことがあったから)。
更に手入れもされない畑らしいところの、バナナはたくさん実ってるし、適当にパンの木のタネをまけば、自然が実らせてくれるという、もちろん、雑草引きなどしないほったらかし。
とても自然が豊かでのんびりした状態。

で、男性たちは、六才の子供から、皆、おもいおもいの手作りのクラッチバックのような、小脇にかかえる横長バッグを持っていた。
そこに個人所有の歯ブラシとか帽子とか、カミソリが入っていて、それが唯一その男性所有の持ち物らしいかった。
奥方と一緒でない夜は(女子は母の家、だけれど男子は六才から母の家を出たりする)、村の中央にある、大きなメンズハウスに、六才以上の男性は自由に寝泊まりができるので、男性たちの自由な宿のセーフティーネットとして機能していた。
そこは、亜熱帯・熱帯地方の風通しのよい、円形に近い二階建くらいの大きくて立派な木造の建物だった。

男性は、朝起きると、今日一日何をしょうかな、と考えることからはじめるのだとか。
例えば仲間とウミガメ探しの冒険にいこう、の場合。
何かを決める時は、直接民主制で話あい、メンバーを募る。
そして、旅立時の方向は星を見ながら、航海をするので、年寄りから若者まで、言い伝えの継承と学習の場でもあるらしい。
遊びと冒険と学習と暮らしが一体化しているというか。
その小舟冒険で彼らが沖縄まで来たことがあり、日本の新聞・TVにも取り上げられたり。
なんでも、アイスクリームがとてもお気に入りだったとか。
魚取りなら、家族親族だけで小舟で出かけ、収穫物は、家族分以外の余りは、周囲におすそ分け。
周囲は海だらけなんだし。

村長の息子さんが、アメリカのハーバード大学に留学したことがあったそうだ。
建築学科で学び、卒後ニューヨークの建築設計事務所に数年務めたらしいけれど、やめて、ポリネシアに戻り、島の人たちとの生活を選んだという。

それにしても、自然がこれほど豊かだと、食べていくことは、割合すんなりできてしまうんやなぁ、と感嘆してため息が出た。

最近若者たちのシェアハウスのYou Tubeを見たりTwitterを読んだりしていて、これはポリネシア型じゃないの、と。
朝起きて、今日一日何(の仕事とか)して遊ぼうかな、とのんびり思案してるみたいとおもった。

実際はとても厳しい面があるにしても。

それにしても、この頃、世の中をこんなふうにしたのはあなたたちの世代ですよ、と若い人たちからいわれるとやるせなくて、仕方ない。
同世代からずれ、排除されどおしできたのに。
でも、そういいたい気持ちもわかりたくないけれど、一理あることわかるし。
同世代の要領のいい賢い人達、力も持っているらしい人たちには、近寄らないし、向こうもこっちのあほ移りたくないと近寄ってこないけど。

いえることは、だめだとおもうところからは、あんまり我慢せず、逃げなさい、しかない。

posted by しち−らいおん at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/260062658
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック