2011年04月28日

方言

1009hPa、小雨のち曇り、普通

大阪人の言葉のやり取りは「ぼけと突っ込み」でペアになる。
大阪人が二人よると、会話の間合いをはかって、あれっあんた突っ込みやのん?ふぅ〜ん、ほんならうちぼけ役ね、って感じでごく自然にあわせるというか。

埼玉で学生の頃、突っ込み言葉が口からぽんぽん出て、次から次によくまぁ減らず口がでるもんだ、と同級生から呆れられたことがあった。
大阪ではたいていのんびりしたぼけ役であっても、大阪弁にあまり慣れていない人たちに突っ込みを入れるのが、とても楽しかった。
大阪弁保護会の会長と名乗ってて、6年間どれだけ大阪弁でとおせるかなと勝手に測って遊んでいた。もっとも私のは、北摂版の大阪弁。
ただ病院実習で患者さんと接するときは、標準語にしていた。これは、落ち着かなかった。
それでも6年生ぐらいになると、相手によっては、多少は大阪弁アクセントの標準語になったりもした。
孤立して方言を使いとおすのも、時間がたつと崩れてくるなぁ、とおもったことがあった。

開放病棟の精神病院で口腔衛生予防のボランティアをしていた時、長年精神科歯科に取り組んでいる、ご先祖さんから浅草生まれで育ちの歯科医に話を聞いたことがあった。
歯切れと意気のいい江戸っ子弁には、ほんとほれぼれした。

京都弁は「突っ込みと突っ込み」で、これまたみごとというか、流麗というか、リズミカルな会話の流れがあるし。

北海道・東北や九州への旅行は数少ないし、まだいったことのないところがとても多いけれど、その土地の方言をまくしたてられると、よくわからなくっても、わぁ〜ぁいいなぁ、とほれぼれしてしまう。

その土地で無農薬の野菜に独特の香りや苦味があったりするように、方言にも、その土地ならではの人の営みや知恵がつまっているからだろう。
絶滅危惧種と同様、言語も随分、絶滅していっているみたいだし。
守ろうという意志を持たなければ、なかなか守れないものかもしれない。

posted by しち−らいおん at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関西に戻ると、漏れ聞こえるほんの少しの言の葉も、しみじみします。ああ、関西なんだなあ、と。
Posted by kuma at 2011年05月02日 12:23
kumaさん、コメントどうもありがとうございます。
Posted by しちーらいおん at 2011年05月03日 10:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック