2011年08月05日

スピード狂?

1011hPa、豪雨のち曇り、だるい

仕事が終わった夜八時以降、大阪市内で夜九時半ごろから始まる会議に車で通っていた時期があった。
一つは業界新聞づくりと、もう一つは地域医療部会で。
帰りはたいてい夜中だった。
行き帰りは、高速道路。

会議が終わったある日、楽しみつつ早く帰りたいなぁ、の一心で、他の先生方に、「カーチェイスごっこをして帰りませんか?」と持ちかけた。
「いいねぇ〜。」ということで、三台か四台の車で高速道でレースごっこをした。
とっても楽しかった。
次の会議の帰り時、また、「今日もカーチェイスごっこして帰りましょうよ。」というと「まだ死にたくない。」といって皆から断られた。

仕方ないので、帰りの高速を走る中で、あれっ、とおもう相手を見つけては、ちょっと追っかけっこをしたり、分岐点でのお別れの時、互いにエール交換、笑顔でバイバイ。
ほとんど若者たちだった。
こっちがおばさんなので、びっくりされたり、も楽しかった。
今は全くしない。
でも、ドイツのアウトバーンは一度走りたいな。

もともと車の運転は避けていて、タクシー会社と月極契約しょうかと、タクシー会社から説明も受けたぐらいだった。
両親は仕事で車の運転手を雇っていたし。
車の維持費とかと、タクシー会社への月極支払いとたいしてかわらないようにもおもったし、事故になったらの意識があったから安全料かな、と。
でも、自分で高速走行の運転をしてからは、やってみんとわからんことがあるもんやなぁ、と学習した。
それから、苦手意識とかに凝り固まると、少しだけ、どうかな?になった。

posted by しち−らいおん at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする