2011年03月13日

近況と東北地方太平洋沖地震

1021hPa、晴れ、普通

去年の今頃は病院で母の付き添いをしていて、自分の仕事は全く出来なかったし、疲れで軽い脱水症状にもなった。

今年2月下旬頃から母の仕事がメイン、自分の仕事は合間、朝は早く、夜も早く寝てしまうのが続いた。
中東のニュースを追っかけ、ややきつめの脱水症状のあとだし、いつも疲れていた。

3月11日午後2時過ぎ、確定申告のための、不足書類を会計事務所に追加のFAXをして、ほっとしていた頃。
眩暈?の横揺れ? あれっまた熱中症かな ( 熱中症の脱水症状は、あっという間にきて、眩暈も激しい )、気持ち悪いなぁ長いなぁ、が、東北関東大震災の地震だったとは。

ゆっくり横揺。地震初日の無言。津波の恐ろしさ。


土地のボーリング測定をし、地震対策で中学校なみの基礎工事に、田の字形に配した太い柱は鉄筋コンクリート仕様なのに、しかも東北とは離れているのに。この家はこういうふうに揺れるんやなぁ〜、と。

阪神大震災の時は実家にいたし、さほど地震対策はしていないから、それなりに揺れた。
それで、阪神大震災の後、しばらく、少しでも揺れると恐怖が広がり辛かった。
神戸の石油コンビナートに火がついていたら、京都まで1000度以上の熱地獄だっただろう、の記事を後日読んで、着火しなかったのは奇跡だったんだ、と。今もおもっている。
posted by しち−らいおん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする